人と街に優しい自転車環境を目指す企業です


沿 革

1992年の創立以来、日本で初めてとなる駐輪機の開発に取り組み、、1993年1月二回パーキング・ジャパン(幕張メッセ)に駐輪機の試作機を持ち込み、関係各方面より評価を受け、商品化に向け本格的に動き出しました。

1993年2月には株式会社 ヒューマン・インダストリアル・デザインを起こし、自治体、電鉄会社等へ駐輪機を納入してまいりました。1996年5月第四回パーキング・ジャパン(東京 ビックサイト)にオンラインシステムや、放置自転車等の撤去・回収・処理の総合管理システムを発表。ネットワーク化による駐輪機システムの開発販売を手掛 けてまいりました。

また、このたび2015年10月よりスマートフォンを使ったレアルタイムの放置自転車管理スマートシステム(特許出願 中)を販売開始をしました。今後、放置自転車の広域事業化に向けて、今後も皆様のご要望とITを駆使したシステム提供、発展を続ける株式会社 ヒューマン・インダストリアル・デザインにご期待ください

   
1992.5

 工業デザイナーの丸山氏と平成4年より布兼自動車で駐輪機の開発を開始する駐輪機の開発に取り組み大分県の融合化基盤整備事業(中小企業庁の融合化事業)の実施グループとして、指定を受ける。 平成5年  株式会社ヒューマン・インダストリアル・デザインへ社名変更、駐輪機・駐輪システムの販売活動に入る。

「中小企業創造活動促進法」に基づき、通産省(大分県)の第一期認定を受ける

 
1992.7 発明協会大分県支部の坂原理事の指導・協力のもとに、特許及び実用新案の請求をだし、受理番号を受ける。
   
1993.1 第二回パーキング・ジャパン(幕張メッセ)に駐輪機の試作機を持ち込み、関係各方面より評価を受け、商品化に向け本格的に動き出す。
   
1993.2 株式会社ヒューマン・インダストリアル・デザインを起こす。
   
1994.8 第三回パーキング・ジャパン(晴海)出店を期に、販売活動を開始する。(駐輪機業界初のコンピューター制御ポスト型を発表。)
   
1995.3 台東区入谷駐輪場(420台)、京都市北大路総合開発(970台)納入。
   
1995.5 平成7年度大分県地場産業総合振興事業(通産省・大分県)を申請し、販路開拓事業費の補助・助成をうけ、全国主要都市において、サイクル・バードの展示会を開催、松山会場では、全国自転車問題自治体連絡協議会の全国大会の会場で開催。
   
1996.5 第四回パーキング・ジャパン(東京ビックサイト)にオンラインシステムや、放置自転車等の撤去・回収・処理の総合管理システムを発表。
   
1996.11 安田火災海上保険株式会社と、三井海上キャピタル株式会社を引き受け先として無担保新株引受権付社債を発行。
   
1996.12 「中小企業創造活動促進法」に基づき、通産省(大分県)の認定が決定し、野村証券グループの合同ファイナンスより転換社債による投資決定。
   
2015.10 スマートフォンを使い、最新のセキュリテイ技術で開発された放置自転車管理スマートシステムのシステム販売を開始。東京都北区殿に2015年10月から稼働。
Copyright(c) 2016 Human Industrial Design.co.,Ltd. Design by http://f-tpl.com